ウエスト西のFX「ポジポジ・シンキング」

FX初心者、ポジポジ病の経過観察です。

FXの取引履歴やエントリー/決済で感じたことを書いていきます。まず退場しない。次に年収超えを目指します。




予想はよそう。(汗)

f:id:west_nishi:20200205224331p:plain

2月5日(水)17時過ぎ、ドル円上昇。

 

●逆行しても安全ロットで??いやいや!

 

5日の17時過ぎにドル円が40pipsくらい上がりました。

まだまだコロナウイルスの脅威が消えたわけではないのにこの上がりよう。

 

大きな資金でFXをやっている人は逆のポジションを持っていても耐えられるのでしょうが、少資金の者は一気に損切りだったと思います。

 

よくFXの本や大きい資金で成功している人は「ロットは小さく」とか言いますが私は小さすぎるロットでは「稼ぎにならないなー」と欲を出してしまいます。

その得をしたいという思考が危険なのでしょうが、仮に40pips逆行しても軽傷で済むロット数なら勝ちもまた小さいはず。

 

「大きい」「小さい」は資金量によって、また人によって具体的な通貨量は変わってくると思いますが小さな金額で満足するならFXを選んでいないよ!というのが私の本音です。

 

たぶん勝ちを重ねている人から見れば私の言説はおかしくてならないと思います。

論外の、早晩退場する弱者の考えでしょう。

 

でも、小さな額を勝っても、負けても、人生は何も変わらないですよね??

本当におかしいことを言っていると頭ではわかるのですが、勝って嬉しい(負けて痛い)お金をかけていきたいなと思っています。

 

 

f:id:west_nishi:20200205230653p:plain

2月3日、4日履歴

 

●コツコツドカン!のコツコツ

 

前回載せたドル円▲30pipsの損切りも含めたトレードの履歴です。

新型肺炎のリスクを嫌って下がったと思ったら、値ごろ感なのか円安や株上昇が見て取れます。

長いトレンドはわかりませんが、少資金のトレーダーの防御策として短時間保有で乗り切ってい行こうと思います。

 

ほんとプロスペクト理論ってそのとおりだなと思います。

なかなかビビって利益は伸ばせませんね!

 

完璧な対策はトレードプランに則って「ルールの場所で利確すること」なのでしょうが、難しいですね。

 

利を伸ばすメンタルの持ち方としてプラスマイナスを逆に考えるようにしています。

 

どういうことかといいますと、利益が乗ってきても逆に考えて「もしこの額がプラマイ逆で損を抱えていてもまだまだ切れないだろ?」と自分に問いかけます

損を耐えて引っ張って、いよいよやばくなって損切りをする。

そんなイメージでいよいよ伸びたら利益を確定する。

このような感じで利大にチャレンジしようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。